研究会活動

研究部会

  • ・情報活用研究部会

    あらゆる情報をビジネスの中に効果的に活用する方法や技術・事例をテーマにした研究グループ活動

  • ・システム運用研究部会

    ビジネスに貢献するITサービスの実現に向けたシステム運用と管理方法に関する技術・事例をテーマにした研究グループ活動

  • ・合同研究部会

    開発と運用の垣根を越えた、ビジネスを支える最新技術や、開発・運用手法に関する研究グループ活動

年間スケジュール

2022年5月 春の全体会
2022年7・8月 合宿/集中討議
2022年12月 冬の全体会
2023年1月 発表練習会
2023年3月 シンポジウム

※各日程については追ってお知らせいたします。
※以上内容以外に、グループごとに会合を実施

春の全体会について

1年間の研究活動の進め方についてのオリエンテーションや、各研究グループ内での顔合わせを行いますので奮ってご参加ください。
地区 日時 開催方法
東日本 5/18(水)
13:00-17:00
オンライン開催
(Zoomミーティング)
中部・西日本・九州合同 5/20(金)
13:00-17:00
オンライン開催
(Zoomミーティング)

※詳細なスケジュールは後日連絡いたします。

研究活動内容

  • メンバ数約6~8名程度で
    研究グループを構成

  • ユニリタの担当が
    コーディネータとして参加

  • 活動に沿って「グループ活動費」を支給(書籍代・会合費など)

参加条件

・UNIRITAユーザ会会員であること。
・カメラ、スピーカー、マイクが搭載されたPCもしくはタブレット端末を持っていること。
※会社の規定でカメラを使用できない場合は事前に事務局にご連絡ください
・インターネット環境が整っていること。(会社から提供されているルーターや通信手段が使用できること)
※原則自身が所属する地区を選択し、参加してください。

※参加条件に不都合がある場合はお問い合わせフォームにて事務局にご相談ください。
※使用するWeb会議システムは研究グループごとに調整する予定です。

募集期間

2022年3月18日(金)~2022年5月10日(火)


研究テーマ一覧

ご希望の地区を選択してください

  • 東日本地区 | 情報活用研究部会

    これからのIT

    情報システム部やITベンダーのマネジメント層の方が対象です。
    ITの課題に対する最新技術による解決策や導入実績を相互に提供し合う、会社を離れた情報交換の場を提供していきます。また、メンバの豊富な経験を活かし、ユーザ会に参加する研究部会メンバへの支援を行います。

    本研究グループは複数年参加を基本とし、研究や発表というスタイルを取りません。
    (2021年度IE01からの継続)
  • 東日本地区 | 情報活用研究部会

    IT活用によるSDGsの達成

    SDGsにある17の目標を達成するためには何が必要なのか?IT活用によりどういったことができて、自分たちのビジネスと関われるのか?ITはどの目標に対してどのような成果を挙げられるのか?

    本研究グループでは、IT活用によるSDGsの達成について研究します。
  • 東日本地区 | 情報活用研究部会

    AIOpsによる業務改革

    AIの発展によって活用の幅が広がり、AIによるIT運用「AIOps」が注目されています。AIOpsを始めるために必要なことや考慮すべきことは何か、なぜAIOpsが必要なのかを検討し、AIを使用して検証を行います。

    本研究グループでは、AIOpsによる業務改革について研究します。
  • 東日本地区 | 情報活用研究部会

    ローコード開発の可能性

    最小限のソースコードでソフトウェア開発を行うローコード開発が注目されています。GUIで操作でき、短期間で開発可能なローコード開発ですが、実際にアプリケーションの開発に採用できるのでしょうか?

    本研究グループでは、ローコード開発について学び、他の開発手法と比較してメリット・デメリットを考察します。また、実際に開発を行うことで、ローコード開発の可能性について研究します。
  • 東日本地区 | 情報活用研究部会

    PMBOK 第7版によるプロジェクト管理

    PMBOKが4年ぶりに改訂されました。改訂された第7版を使うとプロジェクト管理やプロジェクトの進め方などがどう改善されるのか?プロジェクト管理はビジネスにどのように影響を与えるのか?

    本研究グループでは、PMBOK 第7版によるプロジェクト管理について、これまでのPMBOK 第6版と比較して研究します。
  • 東日本地区 | 情報活用研究部会

    わかりやすいゼロトラストセキュリティ

    何も信用しないことを前提に対策を行うゼロトラストセキュリティという新しい考え方が提唱されました。DXの推進やリモートワークの普及により、近年注目されています。

    本研究グループでは、ゼロトラストセキュリティを実装した時の課題や解決策などは何かを研究します。
  • 東日本地区 | 情報活用研究部会

    ビジネスを発展させるデータ活用

    データは21世紀のオイルと言われています。しかし、活用できているかと聞かれるといかがでしょうか?どうすればデータ活用できていると言えるのでしょうか?DXというキーワードで各社取り組みをしておりますが、その中でデータから業務を変革するにはどうしたらよいでしょうか?

    本研究グループでは、ビジネスを発展させるデータ活用について研究します。
  • 東日本地区 | 情報活用研究部会

    データカタログの必要性

    企業内のデータの管理のために構築されるデータカタログが注目されています。どのようなケースでデータカタログが必要となるか、どのようにデータカタログを構築、運用すべきかという方法を探ります。

    本研究グループでは、データカタログの有効活用について研究します。
  • 東日本地区 | 情報活用研究部会

    メタバースは日本に浸透するのか

    ゲーム業界や音楽配信などではすでに盛り上がりを見せているメタバース。
    では、実際のビジネスにおいて、これからどのようなことが出来、どのように活用していけるのでしょうか?

    本研究グループでは、日本にメタバースは浸透するのか、浸透するとすればどのようなシーンで活躍するのかを研究します。
  • 東日本地区 | 情報活用研究部会

    Z世代向けのビジネス変革

    物心がついた時からデジタル技術に触れており、インターネットやオンラインの世界に慣れているZ世代の社会進出が始まりました。Z世代の人たちはこれまでの購買行動と異なるため、今までのマーケティングの仕方や販売方法では無理・無駄が出てしまいます。そのため、Z世代に向けたビジネスの在り方を変えていく必要があります。

    本研究グループでは、Z世代向けのビジネス変革について研究します。
  • 東日本地区 | システム運用研究部会

    運用管理事例

    情報システム部やITベンダーのマネジメント層の方を対象とします。
    ITの課題に対する最新技術による解決策や参加企業を含めた様々な業態の導入事例、実績を相互に提供し合う、会社を離れた情報交換の場を提供していきます。また、メンバの豊富な経験を活かし、ユーザ会に参加する研究部会メンバへの支援を行います。

    本研究グループは、複数年参加を基本とし、研究や発表というスタイルを取りません。
    (2021年度OE01からの継続)
  • 東日本地区 | システム運用研究部会

    クラウド時代のセキュリティリスク対策

    2021年は「Apache Log4j」に脆弱性が見つかり、セキュリティリスク対策が注目されました。
    セキュリティリスクの最新情報は、IPA(情報処理推進機構)やJPCERT コーディネーションセンターのサイトを見れば、脆弱性の発見方法や対策方法も調べることができます。また、自社に適切なCSIRT体制や専任のセキュリティ担当者がいれば、脆弱性の有無や対策方法もわかります。
    一方、セキュリティ担当者がいるからといって、運用現場としてシステムのパッチや対策を問題なく実施するためにはクリアすべき課題が内在しており、セキュリティ担当者任せにはできません。

    本研究グループでは、運用部門が進めるクラウド時代のセキュリティリスク対策を研究します。
  • 東日本地区 | システム運用研究部会

    IT運用業務の完全自動化実現

    IT運用業務の自動化は永遠のテーマです。
    システム障害発生後の自動復旧等は、これまでの研究でも人の判断を伴うために完全自動化が困難であることがわかっています。
    しかし、今後の人材不足やオペレーションの失敗リスクを考えた場合にどうしても運用部門としては取り組みたいテーマです。システム障害を発生させないためのプロアクティブな活動については、まだまだ研究の余地を残していると言えます。

    本研究グループでは、IT運用業務の”完全”自動化を達成するために、運用部門が実現したい自動化の取り組みについて研究します。
    結果がなかなか出ないテーマですが、様々な観点でテーマに取り組んでいきます。
  • 東日本地区 | システム運用研究部会

    運用部門の役割再考

    従来からシステム運用は企業のシステムの肝、「最後の砦」と言われています。
    しかし、システム運用がアウトソーシング中心となり『自社のシステム運用について全く意識されていない』、『システム運用はベンダーコントロールだ』そんな声を多く聞くようになりました。
    昨今、様々なシステム環境の運用ニーズが増え、今までのオペレーション中心のシステム運用から役割責任も拡大しています。

    本研究グループでは、運用の仕事を様々な企業の現状から考え、運用の目的や責任範囲、これからの変化するシステム環境を予測し次世代運用の在り方について研究します。
    これからの時代に求められる運用業務を明らかにし、正しい理解をして次世代の運用を考える下地作りを目指します。「運用はわからない」から「運用は自社のシステムを守る大事な役割」との共通認識を図ります。
  • 東日本地区 | システム運用研究部会

    クラウド時代の共通機能実現

    クラウドサービスの採用が増え、社内システムとの連携が急務となっています。
    システムを所管する事業部門やアプリケーション担当者がクラウドサービスを選定し採用しているため、社内システムとの連携方法もそれぞれの方法で実現され、運用負荷やコストが拡大しています。運用担当者の声として「同じツールや機能を標準化して活用したら良いのに」という声が多く聞かれます。
    過去を振り返ればメインフレーム時代に共通機能が大活躍しました。各業務システムが共通で利用する必要な機能部品の提供です。

    本研究グループでは、企業のDX推進のための共通機能について研究します。
    メインフレーム時代に試行錯誤で実現された品質・コスト・納期を満たす共通機能の考え方をクラウド時代に適用できないかその可能性を検討します。
  • 東日本地区 | システム運用研究部会

    製品・サービスのライフサイクル対策

    各企業では様々な製品・サービスの導入が進んでいることから、製品・サービスのライフサイクルに伴うEOS・EOL等の対策を急務で進めています。
    サーバ保守切れ、WindowsOSサポート切れ(2022年度はWindows2012)等の対策を検討する際にどのような判断で対策するかの判断材料は各社によって異なります。
    システムの重要性やシステムが貢献する売り上げや予算を前提にどのような対策をとるか判断されますが、同時に今後のビジネス展開、業務変化を予測し今後のシステムのあり方も判断されているのが現状です。

    本研究グループでは攻めのITを目的にした製品・サービスのライフサイクル対策について研究します。
    対策の手法としてクラウドリフトによる(延命)対応、コンテナ化等の様々な対応策がある中、どのような選択肢があり、どのようなメリット・デメリットがあるかを踏まえて判断できる知識習得を検討します。
  • 東日本地区 | システム運用研究部会

    運用業務への人工知能、IoT活用

    運用部門でデータ活用にチャレンジする企業が増えています。
    問合せ・各種ログ・監視メッセージ・サーバ機器・バッチ処理・セキュリティログ・アカウント利用実績・監視カメラの動画等の情報が蓄積されています。しかしながら、運用部門は蓄積された情報の内容を把握しているとは言い難く、活用することができていないのが現状です。
    運用部門はデータの活用方法はもちろん、蓄積方法・プラットフォーム選択等、コストと運用を考慮した標準化モデルを検討し推進する役割があります。データ活用に活路が見いだせれば、永遠のテーマとなっている運用自動化も進む可能性があります。

    本研究グループでは、運用部門で実現可能な人工知能・IoT活用について研究します。
  • 東日本地区 | システム運用研究部会

    DX推進のためのクラウド管理実践

    今後クラウド利用が進むことで運用部門の役割が変化します。
    クラウドシフトが加速するにつれて、それに帰属した問題も今後発生します。それらの問題に対処しながらクラウド上でのシステム運用効果を最大化するために、クラウド管理なる考え方が必要であると考えられます。例えば、費用対効果の分析・災害対策・キャパシティ管理とリソース最適化・サービスレベル管理等、クラウドサービスを活用する上での新たな運用を準備する必要があります。

    本研究グループでは、運用部門の次の役割となるクラウド管理の実践について研究します。
    参加企業各社の進めている内容、これまでの成功・失敗事例や取り組み手法等について情報を整理し、どんな取り組みが有効なのかを検討します。
  • 東日本地区 | システム運用研究部会

    運用の専門家としての活躍、ジョブ型雇用の実現

    経済産業省の2025年の崖レポートでは、IT人材不足が顕著になると予測されています。
    その中で組織マネージャは、現在働くIT人材(運用部門の人材含む)に対してモチベーションやメンタルコントロールの管理が重要視され、社員がやりがいを感じて活き活き活躍できる方策を模索しています。
    昨今、これまでの会社に帰属して働く「メンバーシップ型雇用」から専門家として働く「ジョブ型雇用」に切り替え、業務に対する専門職の考え方を適用するかたちを模索する企業が増えてきました。

    本研究グループでは、運用部門の次の雇用の在り方をジョブ型雇用の適用を通じて研究します。
    ジョブ型雇用について適用方法・評価方法・管理方法等の観点で取り組みが有効かどうかを検討します。
  • 東日本地区 | システム運用研究部会

    ハイパフォーマーな運用組織の実現

    様々な価値観を持つ社員同士が運用組織を担う時代になりました。
    運用業務の内容も高度化し、複雑な運用業務が増える中、組織内での価値観を合わせること難しい状況です。これまでの担当者同士の関係性構築の方法が変化をしています。しかし運用部門としては品質・コスト・スピードを意識した取り組みを継続する必要があります。

    本研究グループではハイパフォーマーな運用組織の実現を目的に様々な価値観を持つ世代との協働を研究します。
    世代間(X世代、Y世代、Z世代)、業務間(企画、開発、運用、利用者)がどのように協働し、相互理解することで協力体制ができるのか。その結果として少人数でハイパフォーマンスを発揮できる組織ができるのか。様々な世代が参加する研究グループとして一つの課題に取り組んでその取り組みを検証します。
    この取り組みがうまくできることにより、そのノウハウを自社に持ち帰り、技能伝承やIT組織内のコミュニケーション改善効果を期待します。
  • 中部地区 | 情報活用研究部会

    ローコード、ノーコードの開発

    近年、新しい開発手法としてソースコードをほとんど書かないローコード開発や、ソースコードを全く書かないノーコード開発に注目が集まっています。ローコード、ノーコード開発では、GUI操作にて開発が可能なため、開発のスピードアップ化やスキル面でハードルを下げることができ、情報システム部門だけでなく事業部門での開発も可能となっています。
    本研究グループでは、その開発手法や導入事例、期待される効果、導入による開発業務の改善、今後の情報システム部門のあり方について研究します。
  • 中部地区 | システム運用研究部会

    これからのDevOpsを考える

    開発(Development)と運用(Operation)が連携・協調することで開発をスピーディーに進める仕組みとして登場して以降、各企業に適した開発アプローチの1つとしてDevOpsは浸透しているのではないでしょうか。DevOpsを基として、近年ではDataOps、MLOps、AIOpsなど様々な派生形が登場し、運用との連携による顧客へのアプローチを円滑にする仕組みとして様々な形で広がっています。
    本研究グループでは、DevOpsの最新動向を調査し、DevOpsの未来像や、ビジネスにおける更なる活用について研究します。
  • 西日本地区 | 合同研究部会

    業務変革とIT活用

    IT全般について、あり方や活用方法を研究します。
    ・攻めのIT
    ・DX
    ・事業継続計画
    ・コンプライアンス対応
    ・働き方改革
    ・人材活用
    ・IT利用とコストとの関係
    など、参加メンバが各社で抱える問題・課題について、情報交換し身近な解決策を探っていきます。
  • 西日本地区 | 合同研究部会

    IoBで実現する感染症対策

    IoT(Internet of Things)の進化系となるIoB(Internet of Bodies/Behavior)は、行動データを用いて生活をより快適にするためのテクノロジーで、すでに生活のあらゆる場面で取り入れられています。
    未だコロナ禍が収束していない昨今では、今後どのようなIoBを活用することで、より精度の高い感染症対策を行うことが可能となるのでしょうか。
    当研究グループでは、企業の業務が滞りなく遂行でき、個人がより快適に生活できるための感染症対策に向けて、IoBを活用する方法について研究します。
  • 西日本地区 | 合同研究部会

    AIを活用した業務改革

    近年、最先端の分野だけではなく、私たちの身の回りにおいてもAIが関連した多くの製品やサービスが活用されていますが、企業内においてはAIが活用できておらず、属人的な業務や非効率な手順によって、さまざまな問題や課題が発生しているのではないでしょうか。
    当研究グループでは、企業の業務部門やIT部門において、職場環境の改善や生産性の向上につなげるためのAIの活用について研究します。
  • 西日本地区 | 合同研究部会

    SDGsを実現するITとは

    昨今、様々な場面で聞くSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、環境に優しいイメージでITとは結びつかないかもしれません。
    しかし、SDGsの達成にはITが必要不可欠と言われており、「SDGs アクションプラン2021」の中で「Society 5.0」の実現や「デジタルトランスフォーメーション」の推進が提唱されています。
    当研究グループでは会社や個人による身近で取り組みやすい例を考えながら、SDGsを実現するために必要なITについて研究します。
  • 西日本地区 | 合同研究部会

    AIで変える次世代リモート会議

    近年の会議においてはWebによるリモート会議が主流となり、リモート会議のツールを使いこなすことには慣れてきました。
    しかし便利な反面、会議の数が増えてしまい業務自体の効率化につなげられていないケースもあります。
    当研究グループでは、会議自体の生産性を高めてよりよい会議とするために、AIや自動化のツールを使用した次世代のリモート会議について研究します。
  • 西日本地区 | 合同研究部会

    企業の内製化を進めるためのIT部門の役割

    データ活用がビジネスの成功につながるようになった昨今では、外注頼みで内製化ができなければ先細りだと、危機感を持つ企業が増えてきています。内製化を進めることができれば、知識や経験が蓄積されることでIT人材不足の問題も解決できる可能性が高まりますが、ある程度の企業体力が無いと難しいことも事実です。
    当研究グループでは、企業における内製化への最短ルートを考えながらIT部門が果たす役割について研究します。
  • 西日本地区 | 合同研究部会

    ゼロトラストセキュリティによる新しい働き方

    コロナ禍によるリモートワークの常態化により、クラウドサービスの利用が増加し社内と社外のネットワークの境界が無くなりつつあります。
    また近年では情報漏洩やサイバー攻撃によるリスクも増大しており、従来の「境界防御型」のセキュリティでは通用しない場合はネットワークの内部と外部を区別せずに接続を常時検証する「ゼロトラスト」の考え方が必要となってきています。
    当研究グループでは「ゼロトラスト」のセキュリティモデルの考え方や働き方がどのように変化するかについて研究します。
  • 九州地区 | 合同研究部会

    IT部門強化に向けたコミュニケーション手法

    コロナ禍によってリモートワークが急速に普及しましたが、時間の効率活用などのメリットがある反面、情報の行き違いなどによる連携ミス、水面下でのモチベーションの低下や体調不良などにより、コロナ禍以前よりもデメリットが多く内包されているのではないでしょうか。

    当研究グループでは、今後のリモートワークをより充実したものにしていくために必要なコミュニケーションについて、技術面・ルール・対人関係など、さまざまな視点によるアプローチ手法を検討し、研究します。