UNIRITAユーザ会とは?

業種、立場を超えたオープンな交流と明日のICTを支える人材育成の場をキャッチコピーとして、「お客様主体」で「若手育成」を中心とした活動を実施しています。

ご挨拶

平素は、UNIRITAユーザ会活動にご指導、ご協力いただきまして、誠にありがとうございます。
UNIRITAユーザ会は、様々な業種、様々なIT環境のメンバが集まる人脈形成の場であり、また、他のユーザ会と異なる大きな特徴として、1年を通した研究会活動による技術力向上をテーマにした活動を中心としていることがあげられます。異業種交流の場としてだけでなく、人材育成の場としても活用していただけます。皆様方の積極的なご参加をお願いいたします。

 

UNIRITAユーザ会会長 坪井 祐司(株式会社LIXIL)

メリット

UNIRITAユーザ会は、様々なIT環境のメンバが集まる人脈形成の場であり、また、他のユーザ会と異なる大きな特徴として、1年を通した研究会活動による技術力向上をテーマにした活動を中心としていただけることがあげられます。
異業種交流の場としてだけでなく、人材育成の場としても活用していただけます。

活動内容

  • 研究部会活動

    参加ユーザの自主的な運営で、地区ごとにテーマを設定しテーマごとの研究グループが1年間研究活動を行います。

     

    【ユーザシンポジウム】
    研究会活動の一年の総決算として、毎年3月に500人以上の方々が集うユーザシンポジウムを2泊3日で開催しています。定時総会、事例発表、研究発表、マネジメントセッション、パネルディスカッション、ユニリタプレゼンテーション、講演会、パーティーと内容豊富です。

  • 情報交換のための研究活動

    【ITフォーラム】
    各地区の方を中心に、会員企業の階層ごとに最新技術情報のテーマを設定し、幅広い分野での意見交換や討議の場として開催しています。

     

    【マネジメント研究会】
    全国の部門長クラスの方々を対象に、マネジメントの立場から見た情報システムにまつわる最新の話題を幅広く取り上げ、情報交換を中心に開催しています。

  • その他の研究会活動

    【短期ゼミナール】
    1つのテーマを小人数・同一メンバで3~5回に渡って討議・情報交換するゼミナールを各地にて年数回開催します。

     

    【1dayセミナー】
    事例・新技術発表会・新バージョン説明会等の1日のセミナーを年数回開催します。※7月~11月に随時開催の予定です。

  • UNIRITAユーザ会ニュースの発行

    ユーザ会の活動やイベントのご案内・ご報告を中心に、会員相互のコミュニケーションツールとして「UNIRITAユーザ会ニュース」を年2回発行しています。会員に有効な情報を常に提供できるような誌面作りを目指しています。